WiMAXからWiMAX2+に乗り換えるメリットは??

 

現在、WiMAXといえば、従来のWiMAXではなく、いわゆるWiMAX2+が主流になってます。
一昨年~去年くらいからWiMAX2+ユーザーが減り、WiMAXユーザーがぐんぐん増えています。

 

そこで、そこまでWiMAX2+が良いのか疑問に感じる方も多いかと思いましてWiMAX2+に乗り換えるメリットを紹介します。

 

WiMAX2+に乗り換えるメリット

 

今後どんどん速度が速くなる

従来のWiMAXは現在、廃止寸前になってまして40Mbpsあった速度が13.3Mbpsまで落ちています。しかも、廃止日程も決まっており、2018年には従来のWiMAX回線は廃止されることになってます。

 

速度がどんどん落ちて言っている従来のWiMAXと比較してWiMA2+の回線は220Mbpsの回線速度があります。従来のWiMAX回線の10倍以上の速度ですね。

 

つまり乗り換えてしまえば高速回線が使えるわけです。

 

従来の端末スペックよりはるかにWiMAX2+の端末スペックが高い

従来のWiMAXと比較してWiMAX2+回線は端末スペックが大幅に上がります。
従来のWiMAX端末はさほどかっこよくもないですし、「ただの端末」という感じでした。
しかし現在のWiMAX2+は

 

・タッチパネル式
・接続しやすい回線に自動的に切り替えるシステム
・クイック起動が可能
・デザインがかっこいい

 

 

などなどスペックそのものが上がっています。
こちらがWiMAX2+の端末です。

 

デザイン性は保証します。
とにかくかっこいいです。

 

利用エリアが広い

WiMAX2+のほうがエリアが広いです。
こちらから確認していただけるとわかるのですがWiMAX2+のエリアは地方の方でも少し大きい市であればほぼ確実に利用できます。

 

その点、従来のWiMAXは日に日に利用可能エリアが狭まっている状態です。
ですから現在、つながりにくいと感じるなら乗り換えたほうが良いかもしれません。

 

 

回線速度が安定!LTE回線が使える!

WiMAX2+のW01という端末はLTE回線が使えます。
いくらWiMAX2+の回線エリアが広いとは言っても、地方の奥地にいくとつながりにくい場合もあります。

 

その場合はLTE回線を使えばつながりやすくなります。
WiMAXのW01にはKDDIのLTE回線が使えるハイスピードエリアモードというモードが搭載されています。

 

LTE回線はKDDIのスマホで使っている回線と同じですから、auでスマホをつなげることができるエリアならWiMAXもつなげることができるわけです。
これでエリア対策も万全です!

 

月額料金にほとんど差がない

WiMAXもWiMAX2+も月額料金に差がないです。
従来のWiMAXは月額4000円ほどで利用できました。そしてWiMAX2+はその価格とほぼ同額の値段で利用することができるようになります。
同額でスペックが高いなら乗り換えないほうがおかしいレベルですね。

 

 

超高額キャッシュバックの存在

WiMAXのプロバイダを乗り換えることによってキャッシュバックがもらえます。
WiMAXはどのプロバイダも積極的にキャッシュバックを行っていまして、WiMAXからWiMAX2+に乗り変えると2万~3万ほどのキャッシュバックをもらうことができます。
もし、乗り換えることによって解約金が取られるのであれば、キャッシュバックで相殺すればいいのです。

 

 

ここまでメリットばかり書きましたが当然、デメリットもあります。

 

WiMAX2+に乗り換えるデメリット

必然的に年縛りでの契約になり、もし、2年以内に解約したら14000円~19000円の解約金がかかります。
かなり高額ですが、1年以上利用すればこれもキャッシュバックで相殺できるので、そこまで気にする必要はないかなと思います。

 

こうやって乗り換えろ!

WiMAXからWiMAX2+に乗り換える場合は、必ず他社のWEBプロバイダ経由で乗り換えるとよいです。
家電量販店で契約すると高額ですし、価格.comで経由で契約すると解約金が非常に高額になります。

 

また、継続して使っているプロバイダから「WiMAXからWiMAX2+に乗り換えませんか??」という連絡が来ますが、その連絡に乗ってしまっては
解約金はかからないものの、キャッシュバックキャンペーンが適用されません(ちなみに従来のWiMAXは解約金が9000円程度でキャッシュバックキャンペーンは3万円程度もらえます)

 

つまり他社プロバイダ経由で乗り換えたほうがいいわけです。
オススメプロバイダはこちらでランキング形式で紹介しています。

 

⇒WiMAXプロバイダおすすめランキングはコチラ!